ELEVAR(エレバル)について

 ELEVAR(エレバル)は亀岡市にある障害児通所支援施設です。
発達障害などの障害のある児童、生徒に向けて児童発達支援・放課後等デイサービスを行っています。お子様一人ひとりに寄り添い、個々の個性を伸ばすことを目的にしています。
お子様が将来、社会に出たときに安心して生活していくための基本的な力を培っていきます。また学ぶことの楽しさを発見し、自己表現力やコミュニケーション力が身につけられるようにトレーニングしていきます。
 身の回りの当たり前のことができない、もしくは長い時間がかかってしまうというようなことはありませんか?当たり前のことが当たり前にできるということは、大人への成長の証です。着替えの手順を覚えたり、歯磨きの仕方を学んだり、うまく伝える方法を知ったり、整理整頓のコツを覚えたり、 そんな自己管理能力を身につけて、社会に適応できるトレーニングをしていきます。 将来、社会に出たときに集団の一員として、自分の居場所を進んで作り、自立した生活を送れるようになってもらいたいという想いを胸に、日々活動しています。 
 お悩み事やご相談がありましたらお気軽にお申し付けください。

  施設名 ELEVAR
代表 中井 伸男

ELEVAR(エレバル)について

放課後デイとは

放課後デイとは発達障害などの障害をお持ちのお子様をお預かりし、学校以外で教育や居場所を提供する児童福祉サービスのことです。
亀岡市に施設を構えておりますが放課後デイでお迎えに上がりますので、亀岡市近隣にお住まいの方もご利用いただけます。
放課後デイでお預かりしたお子様一人ひとりに寄り添い、生活力を身につけていただくことにより、集団行動を円滑に送れるようにしていただきたいです。
将来、社会に出てから自分の足で歩めるようになっていただくことが目標です。
その一貫の活動を療育といいます。
療育の例として、日常生活で必要になる衣食住の基礎となるお着替え・お食事・お掃除や整理整頓・学習に必要な読み書きや計算・宿題など、学校で必要な学習を行っています。

"ELEVAR(エレバル)"では、お子様の内に秘めた個性や一人ひとりの良さを引き出すために、造形や絵を描くことなど、自分を表現できる活動も行っています。
コミュニケーションをたくさんとれる環境をつくることで、集団行動や協調性を身につけられるように訓練します。
また、お子様の好きなことや得意なことを伸ばして、話したいことや、やりたいことを見つけてあげることによりコミュニケーションの幅が広がります。
お子様にとって居心地の良い空間が外にもあるのだと知っていただきたいと思います。

放課後デイとは

お部屋のご紹介コーナー

お部屋のご紹介コーナー

①ほっこりブース

ゲームなどの遊びを通してソーシャルスキルトレーニングやコミュニケーション
のトレーニングを行うことができるスペースです。小さいお子様が安心して使えるようにたたみマットを敷いたスペースになっています。その他にもボールプールを設置し、楽しめてほっこりできる場所です。

①ほっこりブース
①ほっこりブース
①ほっこりブース
①ほっこりブース

②ココロマップ

ココロマップという遊びや運動を通してソーシャルスキルを身につけるプログラムをご用意しております。「遊ぶ」×「学ぶ」が叶う大画面パネルの参加型コンテンツはお子様の心を鷲掴みにし、積極的な学びに繋がります。導入している施設が少ないので他の施設と併用されているお子様にも飽きずに来ていただけるかと思います。また、複数人で使用することで、参加スキル・ルールを守るスキル・観察や模倣のスキル・共同注意スキル・順番待ちの練習・我慢の練習を楽しみながらできる点が魅力です。

②ココロマップ
②ココロマップ
②ココロマップ
②ココロマップ

③おえかきブース

大きなホワイトボードに目一杯思い思いの表現を行えるスペースになっております。
絵だけでなく、自分の思いや心の内を表現するためにペンをとり、自由に心の内を描くことで創造性や自発性を育むことに繋げていきます。

③おえかきブース
③おえかきブース
③おえかきブース
③おえかきブース

④ポッターブース

学習支援を行うスペースになっております。PCでの無学年方式を取り入れた学習環境を整備しており、それぞれのお子様に合う椅子を選択し学習に取り組んでいただいております。また、座って学習できるスペースも設けており、お手持ちの課題や苦手部分・疑問がある部分の克服に活用していただけたらと考えております。

④ポッターブース
④ポッターブース
④ポッターブース
④ポッターブース

ELEVAR